【Excelラボ】セルのデータだけでなく、書式も消し去りたいときは<すべてクリア>機能

シェアする

ちょっとしたことでも、
やり方を知らなければ、大きな時間のムダをうんでしまいます。

【問題】
下記問題では、黄色いセルが全部で8セルありますね。
この8セルを、文字(データ)と書式を一気に消すにはどうすれば良いでしょうか。
という問題です。

e11041


【誤答1: かなり、マズイ回答】

Excelに本当に慣れていない人に解いていただくと下記のようにやってしまいます。

誤答1:手順① まずドラッグしてから・・・・

e11042

誤答1:手順② [Backspace]キーを押してしまう!

e11043

誤答1の解説: 広い範囲を選んでいる状態で、[Backspace]キーを押しても、「左上」のセルしか消えません!ExcelではBackspaceをあまり押さないのです。
誤答1はここまでとして、
次の回答を見てみましょう。

【誤答2: 誤答1の回答よりはマシだが、時間のかかる回答】

誤答2:手順① まずドラッグしてから・・・・

e11044

誤答2:手順② Deleteを押し、

e11045

誤答2:手順③ 罫線を消し、

e11046

誤答2:手順④ 塗りつぶしを消す

e11047

誤答2の解説

これは、やり方としては「正しい」ですが、非常に面倒ですね。
つまり、[Delete]を押しただけでは、セルの「データ」は消えますが、「書式」は消えませんね。
書式をメニューボタン(リボン)から消すのは、面倒であり1つずつ解除していかないといけません。
正しい回答を見てみましょう。

最善手:手順① ドラッグしてから・・・・

e11048

最善手:手順② [ホーム]タブの[すべてクリア]を押す。

e11049

そうすると「データ」と「書式」がすべて消え去ります。

e110410

こうすれば、データを消した後の面倒な「書式」削除の作業が不要となります。
[ホーム]タブにある消しゴムのようなマーク(クリアボタン)は、意外に認知されていませんが、
重要な機能です。覚えておきましょう。

そして、ショートカットキーで実現する方法は
少し長いですが、

すべてクリアのショートカット
[Alt]+[E]→[A]+[A]
です。

ぜひものにしてください。
※なお、よくある反論として「289行目と290行目を、行ごと削除すれば良いのでは?」と訊かれます。
確かに行ごと削除すれば、その行の「データ」も「書式」もすべて消え去ります。
しかし今回の問題画像を見て下さい。
「F289」のセルに注意書き「※2015年11月1日・・・」がありますね。
このように右のほうに消すべきでないデータがあるときは、「行ごと削除」は使えません。
そんなときに、今回のトピックのような「すべてクリア」機能が必要になるのです。

【今日の最善手】
セルのデータだけでなく、書式も消し去りたいときは、
[Alt]+[E]→[A]+[A]
最善手をとるためには、「原理理解」と「操作感向上」の両方を養う必要があります。

このように、普段Excelを使いこなしていると思っていても、
スピードの差は大きく、業務効率には大きな差があります。

30分かかっていた作業が実は1分以内でできるということが多々あるのがExcelです。
また、99%のビジネスマンがExcelの5%以下の知識しかないとも言われています。

東京CPA会計学院の実務Excel講座は、
その両方を追究し、Excelのプロフェッショナルを養成する稀有な講座です。

膨大なデータが氾濫する時代。
Excel処理のパフォーマンスは、ダイレクトに社員のパフォーマンスに連動します。
「ハイパフォーマンスを目指したい、高みを目指したい。プロとして一流でありたい。」

その思いは、Excel処理の向上で実現できます。

東京CPAの実務Excel講座は、
無料体験講義、基礎編、応用編とバリエーションも多く、すべてが一日で完結します。
Excel技術を向上させ、業務効率を高めたい方は、是非以下のWEBサイトをご覧ください。

http://cpa-net.jp/skill/excel-skill-basic.html
皆様のExcel技術の向上に必ずや貢献する講座です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする