第141回日商簿記検定3級 解説講評

シェアする

1.出題内容

第1問:仕訳問題

第2問:勘定記入

第3問:試算表の作成

第4問:理論問題

第5問:決算(財務諸表の作成)

詳しい解答解説は、下記の東京CPA会計学院のWEBサイトを確認して下さい。
https://www.cpa-net.ac.jp/seminar/news/141st/index.html

2.各問題の所感

2-1.第1問

1は手形の割引に関する基本的な問題です。

2は当座預金の問題です。小切手帳というワードが見慣れないと思いますが、手数料という記述があるので、「支払手数料」勘定を用いるということに気づけるはずです。

3は「清算に伴い分配を受け」というのがイメージしづらいかもしれません。しかし、冷静に文章を読むと「過年度に貸倒処理した売掛金の内、50,000円を回収した」ということがわかると思います。

4は自動車ですので、「車両」勘定を用いると勘違いしそうですが、「販売目的の自動車」「当店は自動車販売業」という記述から、当店にとって当該自動車は商品であることがわかります。よって、本問は「仕入」勘定を用いることになります。

5は租税公課に関する基本的な問題です。

この内、2~4は戸惑ってしまう問題ですが、きちんと学習していれば正答できる問題です。確実に合格するためには5問中4問は正解したいところです。

2-2.第2問

当座預金に関する勘定記入の問題です。本問は基本的な問題であるため、満点も狙えるのではないでしょうか。

2-3.第3問

残高試算表の問題です。取引の内容は非常にシンプルなものばかりです。丁寧に仕訳を書き、月中取引高欄および重複している取引に気をつければ多くの箇所を正答できる問題です。

2-4.第4問

語句の穴埋め問題です。3級で語句を記述させる形式の問題は、近年出題実績がありませんでした。しかし、内容は基本的です。簿記の一巡(特に決算振替仕訳)を理解していれば、難しくはないと思います。

2-5.第5問

決算に関する問題です。決算整理前残高試算表が表形式ではない点、いくつか推定が含まれている点が普段の問題と違うところになります。しかしながら、出題されている内容は、基本的な決算です。そのため、部分点を取りに行くことに専念すれば、30点中20点くらいは取れる問題となっています。

第5問で特に難しいのは備品の減価償却費に関する問題だと思います。内容的には2級以上のレベル感の問題となっています。

3.今回の問題の全体的な所感と今後の対策

冷静に問題をみると標準的な難易度の問題です。しかし、量が多いという点、語句の穴埋めや金額の推定など過去の問題とは多少傾向が違う点などを考慮すると、比較的難し目の問題です。一方で、しっかり学習できた方は合格点に行くような問題になっています。そのため、適度な難しさで、現時点での簿記の実力を反映する、いい問題だったと思います。

今後の対策としては理解を心がけて勉強することです。テキストや問題集の解き方を暗記するようなやり方では今回の問題で合格点は取れません。

今回、勉強量は十分確保したけど合格できなかったという方は、理解の面、すなわち勉強のやり方の部分に課題があるはずです。ぜひとも次回に向けて勉強のやり方を見つめなおし、修正してほしいと思います。

詳しい解答解説は、下記の東京CPA会計学院のWEBサイトを確認して下さい。
https://www.cpa-net.ac.jp/seminar/news/141st/index.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする