第141回日商簿記検定1級 解説講評!

シェアする

1.商業簿記について

1-1.出題内容

決算整理後残高試算表の作成問題(個別論点)が出題されました。

また,出題された論点を列挙すると以下のようになります。

・金融商品の消滅の認識

・リース会計

・商品売買

・貸倒引当金

・減価償却

・資産除去債務

・有価証券

・ヘッジ会計

・社債(定時償還)

1-2.商業簿記の所感

商品売買や社債などの古典的論点から新会計基準の論点まで万遍なく出題がなされました。

金融商品の消滅の認識及び社債の定時償還は,やや細かい論点になりますので,得点できなくとも問題ないと思いますが,この他の論点は商品売買を除き,特にひねらずに出題されていますので,可能な限り得点を積み重ねたいです。

また,商品売買は商品の返品について特徴的な出題形式となっています。問題文に従って金額を算定していくことになりますが,原価率の算定等も絡んできますので,得点できなくとも問題なかったと思われます。

以上より,部分的に取りづらい箇所もありましたが,問題を見極めることが出来れば合格点は十分に獲得できる問題だと考えています。

2.会計学について

2-1.会計学の出題内容

第1問 理論問題

第2問 包括利益,現先取引,事業分離会計

第3問 連結損益計算書の作成

2-2.会計学の所感

第1問 理論問題

関連する語句を結びつけるという,見慣れない出題形式でした。「1 取替法」と関連する語句の選択は難しかったと思いますが,その他はなんとなく選べると思いますので,2~3問は正答したいです。

第2問 包括利益,現先取引,事業分離会計

包括利益,現先取引は特にひねらずに出題されているため,得点しやすかったと思います。

これに対して,事業分離会計は,対価を株式とした子会社株式の売却について事業分離会計の考え方を用いて計算する応用問題となっています。本問の取引は,あくまで子会社株式の売却であり事業分離ではないため,事業分離会計の考え方を用いるということに気付かなかった方も多いと思われます。そのため,こちらは得点出来なくとも問題なかったと思います。

第3問 連結会計

連結損益計算書の作成問題が出題されました。評価差額の実現,アップストリームによる未実現損益,連結税効果が主な出題論点でしたが,取引数が少なかったことから,得点しやすい問題であったと思います。本問で7~8割程度は正答したいです。

3.工業簿記について

3-1.原価計算の出題内容

第1問 費目別計算

第2問 部門別計算の理論問題

3-2.工業簿記の所感

第1問 費目別計算

問1では,費目の分類を正しく行えるかどうかが最大のポイントの問題でした。費目の分類を正しく行った上で,各勘定を作成してパズルを埋めていくように解いていくことになります。材料勘定から生じるものの,物品の消費には当たらない棚卸減耗費を経費に分類しなければならない点に注意です。問2では,材料を無償支給する場合の外注加工賃の仕訳が問われています。全体的に基本的な内容が問われているので高得点が期待できる問題となっています。

第2問 部門別計算の理論問題

部門別計算の目的,単一基準配賦法の問題点と複数基準配賦法による改善,実際配賦の問題点と予定配賦による改善が問われています。典型的な理論問題ですので,すべて正答して頂きたい問題でした。

4.原価計算について

4-1.原価計算の出題内容

第1問 新製品採用の可否の意思決定/複数製品のCVP分析

第2問 事業部制における業績評価

4-2.原価計算の所感

第1問 意思決定/CVP分析

B製品やC製品を生産するにあたってA製品を用いる点がややこしくしそうな問題ですが,資料の与え方が親切であり,なんら意識せずとも正答できるようになっています。複数製品の損益分岐点分析には,製品販売量比率を仮定する方法と売上高比率を仮定する方法の2つがありますが,セット販売のように考えて解く製品販売量比率を仮定する方法が問われており,こちらも比較的得点しやすかったと思われます。得意な方は満点が狙える問題でしょう。

第2問 事業部制の業績評価

投資利益率と残余利益といった基本的な業績評価指標が問われています。記述の内容から逆算的に追加投資案の投資額と利益額を算定する必要がありますが,資料も少ないことから,落ち着いて解けばこちらも満点が狙えたと思われます。

 5.全体的な所感と今後の対策

商業簿記・会計学については,前回の第140回と比べると,細かい論点や解きづらい問題が出題されていたため,問題を見極めた上で,拾えるところを確実に拾うことが重要だったと言えます。

問題を見極める力は,普段問題を解くときから意識することで身に付くものですので,この点を意識して学習を進めていただければと思います。

一方,工業簿記・原価計算については,全体的に解きやすい問題が出題されていたため,しっかりと時間をかけて丁寧に解答作業をし,こちらで点数を稼ぐことが重要だったと言えます。

詳しい解答解説は、下記の東京CPA会計学院のWEBサイトを確認して下さい。
https://www.cpa-net.ac.jp/seminar/news/141st/index.html

最後に,次回の第143回日商簿記検定1級に向けて一言アドバイスを送ります。

『解ける問題を確実に!これが合格への近道だ!』

⇒To Be Continued…!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする